背を伸ばす可能性があるさまざまな方法

背が伸びる方法とは

筆者は身長に悩んでおり、若い頃からさまざまな方法を試してきました。

 

身長が低いという悩みに良さそうな方法を列挙しますと、

 

  • 手術
  • サプリメント
  • シークレットシューズ(笑)
  • マシュマロ
  • 運動
  • 骨格矯正
  • 牽引
  • 低身長治療

 

大きく分けてこのくらいでしょう。正解も不正解もないのですが、年齢、両親の身長、体重など各自状態が違うため、実際にご自身で試されるといいでしょう。本当に伸びちゃうかもしれませんし、全く伸びない残念なこともあります。

 

背が伸びるためのあらゆることを実践してみたらいいでしょう。手術はオススメしません。超高額ですし、相当痛いらしいです。現実的に無理でしょう。

 

低身長治療は低身長という概念が医学で決まっており、特定の身長以下でないと治療の対象になりませんので、こちらも制限されます。

 

ですので、出来うることは試してみる。それでもダメなら、やってダメだったんだから諦めも付きますし、仮に1センチでも伸びるかもしれません。

 

なので何もアクションを起こさないのは後悔をする可能性があるためトライをオススメします。しかしお金がかかる事は私が実践したので参考にして、無駄金を使わないようにしてください。

 

たとえ170センチあっても身長で悩んでいる人がいる

 

人の価値観が違うため、170センチあるんだから身長の悩みなんかおかしいという人がいます。しかし悩んでいるので仕方ないです。確かに男性で160センチの身長を悩んでいる人が聞いたら、贅沢と怒られそうですね。

 

そこで平均身長あれば、上を見たらキリがないと開き直って悩まない方が得策と考えますが。

 

遺伝的要素

 

長は遺伝要素が大きいウエイトを占めているといわざる終えません。
ちまたでは遺伝はせいぜい20パーセントっていわれています。

 

正否はわかりませんが、実際に周りを見回すと遺伝要素が大きいと感じます。みなさまの周りはどうですか?

 

親が小柄ですとお子さんも小柄な傾向が実際目立ちます。
サイト管理人の個人的意見ですが、男は母親に似る傾向があると思います。
父親が大きくても母親が小さくては子供が大きくなるとは言えません。

 

あくまでそんな人を多く見てきた個人意見です。
しかし、もちろん例外もいっぱいありまして、遺伝では決まらないのは事実です。
複雑な要素が絡み合って身長を決めると言う事です。ですから早いうちに背を伸ばす努力をすることが大事といえます。

 

本気だったら実践してくださいね。